旬の秋カブで1品|鶏もも肉とカブのゴロッと炒め(マスタード風味)

秋もののカブを使って1品

かぶの旬は3~5月の春と、10~11月の秋。
店頭では通年見かけますが、美味しいのはこの二つの旬の時季。
春物はやわらかく、秋物は甘みが強くなる特徴があるそうです。
胃腸のはたらきを活発にする酵素が豊富で、葉にもビタミンなどの栄養素が多く、
クセもないので嫌いな人は少ない野菜かと思います。

カブの実(正確には根)の部分はアミラーゼを多く含んでいるため、
でんぷんの消化酵素となり、胃もたれや胸やけを解消する働きや整腸効果があるそうです。

カブを使った料理というと白い実(根)の部分がメインとなりやすいですが、
見逃してはいけないのが、葉の部分。
実は葉にはβカロテンやビタミンCやE、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分などが
多く含まれ、これをとらないのはもったいない。

ということで、葉も含めてまるまる使える1品をご紹介。

カブの食感と甘さ&マスタードのほのかな酸味が絶品

鶏もも肉もカブも一口大で食べ応えありの一品です。

材 料(4人分) 所要時間:10分  1人前:約130円

  • 鶏もも肉     2枚 約400g
  • カブ(葉付き)  4個
  • オリーブオイル  大さじ1
  • 塩        小さじ1
  • こしょう     少々
  • 粒マスタード   大さじ2
  • 牛乳       大さじ3
準備
・鶏もも肉は一口大にし、塩、こしょう(ともに分量外)で下味をし10分ほどなじませる。
・かぶは茎を少し残して葉を切り、皮をむいて縦4等分のくし形に切る。
・葉は3〜4cm程度に切る。
調理
・オリーブオイル大さじ1をを入れて、カブの実を入れて少し焼き目がつくまで炒める。
・焼き目がついたら、カブの葉を加えてさっと炒め、一旦取り出しておく。
・そのままのフライパンで鳥もも肉を皮目から入れ、こんがり焼き目がつくまでしっかり炒める。
(油は足さず、そのまま焼いた方が皮がこんがり焼けて美味しい!)
仕上げ
・鶏もも肉にしっかり焼き目がついたら、取り出しておいたカブを戻し入れ、塩、こしょうで味を整える。
・粒マスタードを加え、サッと混ぜ合わせ、最後に牛乳を入れて一煮立ちして出来上がり。

ポイント!
・カブも鶏もも肉もしっかり焼き目をつけた方が美味しいです!
・子どもが好きなので、もも肉を使っていますが、ムネ肉でもOK! ヘルシーです!
・酸味が苦手でない方は、牛乳を入れなくても、さっぱりして美味しいです!
・牛乳の代わりに生クリーム使うともっとコクが出て一味違います!
・お子さんがマスタードが苦手という場合は代わりにマヨネーズをオススメします!

あわせて飲むなら…
・軽めの白ワイン スッキリ系のシャルドネなどがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です